こんばんは!

札幌駅から徒歩1分!ラッキーガールになるマインドセット講座講師の明石奈々です。

6月からラッキーガール養成講座を始めるにあたり
講師である私の経歴を書いていこうと
このコーナーを始めました!



今日は先日の記事
「両親の離婚。主人と出会う」に続き
「主人の会社が倒産!」について書きたいと思います。

第1話 幼少期は玉の輿に乗ろうと思っていた
第2話 中学時代は問題児だった
第3話 両親の離婚。主人と出会う







ある日深刻な顔の主人に
実は会社の経営がうまくいっていないことを告げられました。

その時の私は、頭が真っ白になって
これから自分の生活はどうなってしまうんだろう?と

不安と絶望でただ泣くことしかできませんでした。

そして主人から衝撃の一言を言われてしまったのです。

それは「別れてほしい」という言葉。
永遠に一緒にいられると思っていた
初めての彼氏に振られ、家もなくし、未来が絶たれた思いでした。

「絶対にむかえにいくから待っていてほしい」という主人の言葉も
信じることはできませんでした。

当時の私はといえば自分のことばかり。
「自分の」明日からの生活はどうなるんだろう?と

主人を気遣うことすらできず
ただ主人を責めていました。



嫌なことやショックを受けた時に
受け止められる強さを持って居ない場合
人は「人のせい」や「誰かのせい」にするものですが

私はその典型で、全てを「主人のせい」にしていました。



誰かのせいにするという思考は
誰かに頼って人生を生きる他力本願の考え方です。

私は自分の人生に自分で責任を持っていなかったし

主人ありきの、主人に頼りきった生き方をしていたのだと

この時気がつきました。

それからの私は心を入れ替えて
自分の人生を生きる覚悟を持ちました。

そして主人は無事違う事業を始め成功し
約束どおり私を迎えに来てくれて
最高のプロポーズをしてくれました。

その後私は希望通り専業主婦となりましたが
もう主人に頼り切って
主人が居なくては生きていけない状態でいるのはやめよう!となんとなく決意していました。



主人は頼り甲斐があるし、とっても素敵だけど
でも100%寄りかかって生きていくというのは違うな、私も私の世界を持って
さらにいうと私も自分である程度の収入を持って、主人に何かあった時には私が対応するくらいの気概を持っていよう!と思ったのです。



主人の会社が倒産したことで
私はちょっと「気合の入った」専業主婦となったのでした。(笑)



これが私の人生です。
いかがだったでしょうか?

いつのまにか私も自分で稼げるようになり
オフィスを構えることとなりましたが

決して最初からうまくいったわけではなく試行錯誤の繰り返しと
失敗から学ぶことの繰り返しでした。



1ヶ月前まで専業主婦だった私。
世間知らずな面もあるかもしれませんが
それも長所として捉え(笑)

楽しんでいくので見守って居てくださいね!!!



 

募集中のイベント

 

 

プリンセスお茶会

 

第2回 5月19日(金)15時15〜16時40分

第3回 5月23日(火)9時15〜10時40

参加費 2000円(お茶、お菓子込)

 

定員 5名様

いずれも場所は

・札幌駅徒歩1分のMamaLadyオフィス

お申し込み方法

・ライン@(@inf8455iで検索!@を忘れずに!)

お申し込みフォームにて

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございました!

 

また明日!


♡明石奈々♡